国学院大学経済学部経済学科リーフレット

経済学科へようこそ!

経済学科は、経済のしくみや成り立ちへの理解を土台にして、実際に起こっている身近な出来事から世界を巻き込むグローバルなテーマまでを解き明かし、その対応策や解決策を探るという役割を担います。例えば、消費税引き上げのさいに軽減税率がなぜ問題になるのか、合意されたTPPは日本経済にどんな影響を与えるのか、ピケティ現象で問われた経済格差の原因はどこにあるか、など様々な課題に対応しなければなりません。

経済学科では、これらの課題解決に向けて、現在をもっと知るために歴史を振り返る方法、数値や統計的データを読み取って仮説を確かめる方法などいくつかのやり方を学びますが、その意味ではあとから誕生した他の二学科の「幹」に位置付けることができるでしょう。

どんな出来事でも構いませんが、物事を経済的に考えて見よう、経済的な出来事に絶えず

アンテナを張って情報を手に入れて見よう、その「持続する意思」こそが経済学科の学生に相応しい資質なのだと思います。

国学院大学経済学部経済学科リーフレットPDF